骨と筋肉のバランス

本来、体重は骨が支えますが、骨格が歪み、骨で支えられない体重は筋肉が支えるしかありません。
筋肉にその負荷が長く続くとコリを生じさせ、痛みに繋がります。
骨を動かして体全体をほぐす体操が「バランス経絡体操」で、骨を動かせば必ず筋肉は動きますので、骨と筋肉両方のバランスが良くなります。

バランス経絡体操
  • 経絡摩擦法(中医学)
  • 関節柔軟法(構造医学)
  • 身体バランス調整法(スタビライゼーション)
  • 疾病別健康法(糖尿病・高血圧,etc)

気・血・水バランス

人間の生命活動は血の流れが途絶えると止まります。血流障害のある所に様々な症状が現れます。
ですから、どの様に血を流すかを中医学の気血水学説や経絡・経穴学説を基に考えます。

中医学による中庸思考
  • 人体それ自体の統一性と全体性を重視
  • 自然界との相互関係を捉えて弁証を行う
  • 五行説、陰陽学説、気血水学説、臓象学説など

重力バランス

地球上に存在する物事、現象は全て、重力の影響を受けます。
私達人間に関して重力を考えると、人間はなぜ二本の足で立てるのか?という当然とも思える事ですが、本当は大変重要であることを構造医学を基本に追求します。

構造医学による身体機能思考
  • ヒトはなぜ立っていられるのか?
  • 直立二足歩行だから様々な障害が起きる
  • 歩行と脳、脳冷却機能などのヒトの構造

心と体のバランス

心の悩みは必ず身体に現れます。心のみ身体のみの対応でなく、心理カウンセラーの支持を受けながら心身ともに健康を目指します。

心理カウンセリング
  • 人と人との付き合い方を学ぶ「交流分析」の勉強会 を行います。指導者 : 心理カウンセラー 福村恵子先生

環境バランス

私達の健康を考えると、衣食住の生活環境の改善は必須です。
しかし、できる事から少しずつというのがバランス健康法の理念です。
さらしを足首に巻くだけ、布ぞうりを履くだけなど簡単な事で足裏バランスの改善になるなど、自分自身の環境作りから「エコ布ぞうり作り教室」の開催など地球の環境まで考えるエコ活動も行います。

  • さらし健康法
  • エコ布ぞうり作り

様々な改善例

バランスを整えるとどうなるの?

中医学による中庸思考
  • 18年間苦しんだ「尋常性乾癬」が改善した。
  • 33年間様々な事をしても改善しなかったアトピー性皮膚炎が改善した。
  • 「寝たきり」が目の前だったのに、今は趣味の俳句三昧の生活ができる。
  • 両側脳梗塞により両手両足麻痺で寝たきり状態が、椅子に座って日々過ごせるようになった。
  • むくみが改善し10キロ体重が減った。

等々、数多くの改善報告があります。