さらし健康法のグリーン健康会

グリーン健康会

バランス健康法

さらし健康法

骨と筋肉のバランス

本来、体重は骨が支えますが、骨格が歪み、骨で支えられない体重は筋肉が支えるしかありません。
筋肉にその負荷が長く続くとコリを生じさせ、痛みに繋がります。骨を動かして体全体をほぐす体操が「バランス経絡体操」で、骨を動かせば必ず筋肉は動きますので、骨と筋肉両方のバランスが良くなります。

気・血・水バランス

人間の生命活動は血の流れが途絶えると止まります。血流障害のある所に様々な症状が現れます。
ですから、どの様に血を流すかを中医学の気血水学説や経絡・経穴学説を基に考えます。


重力バランス

地球上に存在する物事、現象は全て、重力の影響を受けます。
私達人間に関して重力を考えると、人間はなぜ二本の足で立てるのか?という当然とも思える事ですが、本当は大変重要であることを構造医学を基本に追求します。


心と体のバランス

心の悩みは必ず身体に現れます。
心のみ身体のみの対応でなく、心理カウンセラーの支持を受けながら心身ともに健康を目指します。





環境バランス

私達の健康を考えると、衣食住の生活環境の改善は必須です。
しかし、できる事から少しずつというのがバランス健康法の理念です。
さらしを足首に巻くだけ、布ぞうりを履くだけなど簡単な事で足裏バランスの改善になるなど、自分自身の環境作りから「エコ布ぞうり作り教室」の開催など地球の環境まで考えるエコ活動も行います。